Who is Velocifero and Desinger &  What’s Relationsip with Italget Moto Italy:

ItaljetとVeloCifero関係?

Italjetは、Tartariniファミリーによって1959年に設立されたイタリアのオートバイおよびスクーターメーカーです。

彼らの最初のモデルは1961年に発売され、125ccのMZエンジンを使用しました。この最初のオートバイの後には、1962年に発売され、Tartariniによって作られた最初の原付であったItaljet 50のような他の多くのバイクが続きました。 1965年、イタリアの会社はMustang 50 SSVampiro 50を発売しました。

60年代の終わりに、Tartariniとインドの商標を購入した元アメリカのパイロットであるFloyd Clymerの間の友情のおかげで、同社は新しいオートバイに取り組むことができました。 Grifonをベースとし、Velocette 500ccエンジンまたはRoyal Enfield 750ccツインシリンダーエンジンを搭載したIndian 500です。

巨大なGrifon 6501969年に正式に導入され、ほとんどTriumph T120に基づいていました。 Triumphが別のオートバイメーカーにエンジンを渡したのは、これが実際に初めてのことです。

1972年に、Italjetはヤマハのオートバイの輸入と流通を開始しました。興味深いのは、この中小企業が、1973年、1974年、1975年にイタリアのジュニアチャンピオンシップを獲得した2サイクル2気筒エンジン、Buccaneer 125の製造を支援したことです。

1979年にItaljetがいくつかのトライアルレースに参加したとき、同社はBultacoと別の契約を結びました。

この協定のおかげで、Italjetは真新しいオートバイ、すなわち350 Tを開発することができました。

1982年に同社はRoad Master 350と名付けた新しいオートバイを発売し、1983年にはItaljetが4ストロークのトライアルバイクであるScott 350を発売しました。

1985年、Italjetは350 Tの改良版であるPiuma Trial T3 350でオートバイの生産を継続しました。Piuma250cc T2バージョンでも入手可能でした。

Alessandro Tartarini – Designer and innovator

Get to know renowned Italian automotive designer Alessadro Tartarini and his recent creation called the Velocifero MAD.

Earlier this week, BikesRepublic was granted with the chance to have a chat with renowned Italian automotive designer Alessandro Tartarini over a few cups of espresso.

For many avid sports scooter fans of the 1990s and early 2000, the 50-year-old Bologna native’s name is a familiar one. Amongst some of his notable past creations were the Formula and Dragster sports scooters produced by Italian brand Italjet – a brand founded by his family.

In recent years though, Alessandro Tartarini has shifted his focus towards designing and developing a different sort of product under the Velocifero brand. Here, Alessandro penned perhaps one of the coolest electric vehicles we’ve seen in recent times, and it’s called the Velocifero MAD.

Yes, the very same guy that penned the sporty Italjet scooters of a recent past also designed and developed the manic and eco-friendly off-road electric scooters that we saw racing about last weekend in the newly launched Velocita Park, Shah Alam.

  • Velociferoブランド新モデル。
  • イタリアンデザイン
  • エレガントでレトロなE-クラシックアシスト自転車

E-Class 仕様

商品名 E-Classic
モデル MW50
フレーム アルミニウム合金
フロントフォーク スプリンガーシステム付きアルミ合金製弾性フロントフォーク
前輪のブレーキ メカニカルディスクブレーキ
フェンダー アルミニウム合金
リアブレーキ ローラーブレーキ
ハンドルバー アルミニウム合金
ハンドルグリップ レザーレット
ペダル 合金
貯蔵タンク 中に収納された充電器付きのワイドボックス
歯車 シマノネクサスハブギア3速
モーター 36ボルト、250ワット、ブラシレスフロントハブモーター
モータードライブシステム ペダルアクスル内にトルクセンサーを備えたペダルアシスト駆動
電池パック パナソニック36ボルト12ああリチウム電池。(li-fe-po4)3.4kg、セカンドパックを追加するオプション付き
バッテリー充電時間 6-8時間
バッテリー平均寿命 800充電サイクル
マックス・スピード 25 km/h
フロントライトとリアライト 電池パックによって導かれる
ダッシュボード バッテリーの状態、スピード、走行距離計、トリップメーター、アシスタントライト比率、アシスタントモード9の範囲を含むLEDダッシュボード
ホイール ステンレススポーク付きアロイリム
タイヤ 26*4.00バロンサイズ
寸法 1.210 • W69 • h98(cm)
シートの高さ 80/90 cm 調整可能
バッテリー無しでの重量 28.5kg
マットホワイト、マットレッド、マットグリーン
証明書 EN15194
価格 ¥328,000

マッドトラック 仕様

商品名 マッドトラック マッドトラック
モデル MT1600 MT2000
制御モデル 1600W brushless 48V/12A 2000W brushless 60V/20A
フレーム材料 高張力鋼 高張力鋼
マックス トルク 4nm 5.1nm
デッキ
折りたたみ 可能 可能
ブレーキ フロントとリアディスク フロントとリアディスク
スプロケット 70th 70th
折りたたんだ状態のサイズ 151X 715 X 57CM 151X 715 X 57CM
駆動 チェーン チェーン
パッキングサイズ 142x75x56CM 142x75x56CM
CE,PSE,EEC 認証済み 認証済み
電池 個 48V 12AH LEAD ACID 1個 60V 20Ah LITHIUM
バッテリー充電時間 8-10時間 8-10時間
一度受電に走るキョリ 30-35 Km 35-40 Km
マックス・スピード 40 km/h 45 km/h
充電電圧 110-240V 50/60Hz 110-240V 50/60Hz
タイヤ サイズ 145/70-6 145/70-6
重量(電池あり) 75kg 59kg
赤、青、黄色、軍。レース。 POLICE.NO 78 赤、青、黄色、軍。レース。 POLICE.NO 78
価格 ¥338,000 ¥368,000