Uncategorized

ミニージープミニージープストリー(歴史)2012から2022まで

2012年のトライクファクトリーは、ジャパンタイムズでチェックできる最初のミニジープを作りました。 お客様からのご要望も多かったのですが、すべてのパーツを管理するのは大変でした。


最初は座席も窓もありません。 すべてのサスペンドはおもちゃではありませんでした。


ミニジープを日本に持ち込むと、登録できるのかわかりません。


それから、日本の標準の多くを通過し始めます。

الهام محمدی#مهدی زندی مقدم#
トライクファクトリージャパンこの俺作業中

この車が道路を運転できるからです。

最初はガソリンでしたが、2年前に電気も作り始めました。
しかし今、トライクファクトリージャパンはすべてを変えたいと思って、新しいミニジープを作りました。 サスペンションシステムやアームが離れているところもあり、長く丈夫で快適です。 より大きなブレーキピストンキットとより安全な、もちろんこのミニジープは屋根付きと屋根なしで使用できます。 一方、トランクがあります。

الهام محمدی کوردلو و مهدی زندی مقدم
        トライクファクトリージャパン最少からの企画


私たちはあなたが好きなようにそれを電気またはエンジンにすることができることを確認してください。

الهام محمدی#مهدی زندی مقدم#
         トライクファクトリージャパンこの俺作業中
الهام محمدی کوردلو و #مهدی زندی مقدم#
Japan times when first mini car comes by Mehdi zandi moghaddam

For English Language

2012, Trike Factory Japan invented the first design for the Mini Jeep, as seen in the Japan Times. It gained a lot of popularity and customers were making requests for orders, but it’s versatility was limited for interchanging parts.

Beginning with no seat, windows and suspension was not there; it was more of a toy.

Then we found that we could register the Mini Jeep in Japan and we worked to meet the standards required so it would be safe and compliant on the road. Starting with a gasoline engine option, we recently have made the option for electric as well. But now, with amazing innovation and technology, Trike Factory Japan has reinvented the Mini Jeep. Comfortable, long travel suspension and upgraded A-arms, large piston brake kit, and safer by our standards for our customers. Also, you can even drive with the roof off as an option for those nice days you just want to cruise along and feel the sun and breeze; and to top it off we’ve added a trunk for storage. Now, our customers can receive the choice options for them to enjoy the Mini Jeep, electric or gas engine and comfortable for for everyone.

2012年、トライクファクトリージャパンは、ジャパンタイムズに見られるように、ミニジープの最初のデザインを発明しました。好評を博し、お客様からのご注文も多くありましたが、部品交換の汎用性には限界がありました。座席がない状態から始めて、窓とサスペンションはありませんでした。それはおもちゃのようなものでした。その後、日本でミニジープを登録できることがわかり、安全で路上でのコンプライアンスを実現するために必要な基準を満たすよう努めました。ガソリンエンジンのオプションから始めて、最近、電気のオプションも作成しました。しかし今、驚くべき革新と技術で、トライクファクトリージャパンはミニジープを再発明しました。快適で長距離のサスペンションとアップグレードされたAアーム、大型ピストンブレーキキット、そしてお客様の基準により安全です。また、あなたはただ一緒にクルーズして太陽とそよ風を感じたいそれらの素晴らしい日のためのオプションとして屋根を外して運転することさえできます。さらに、ストレージ用のトランクを追加しました。今、私たちの顧客は、ミニジープ、電気またはガスエンジンを楽しむための選択肢を受け取ることができ、誰にとっても快適です。